2012年03月13日

たけしのみんなの家庭の医学 謎の目のぼやけ 若倉先生

たけしのみんなの家庭の医学 セカンドオピニオンSP 

謎の目のぼやけ

東京都千代田区 井上眼科病院院長 若倉 雅登先生


世界中が注目している 2011年1月若倉先生が発表した新事実


眼精疲労と診断された患者さん


2重に見えるのは 両方の目で見た時だけだった。

目を動かす筋肉の麻痺か 脳の異常が 考えられる


最近1カ月だけで 同じ症状の患者さんが 8人も居た。
若倉先生は 8人の患者さんのMRIを再度取り直し
徹底的に チェックした。

すると 8人の患者に共通する あることが!


若倉先生の発見した病気は 窮屈病

なんらかの原因で 眼球が大きくなりすぎ
骨の中で 動きが制限される病気


通常眼球の成長は 20前後でストップするが
この病になると その後も成長を続け
目がずれたまま 動きにくくなり
物が2重に見える


8人のMRIを 見て見ると 目の周りの筋肉が20度以上
開いていた。


窮屈病になったら 治ることはないが プリズムメガネで
軽いうちは 改善するが ひどくなると手術も。


ほぼ 日本人のすべてに 目のずれがある。


斜位


本来は 斜位の人は暗がりになると 目の位置が斜めにずれる
が 明るい場所では 目の筋肉で 位置を修正して 見ている

だから 疲れることになる。


斜位を判断するテスト

カバーテスト

ペン一本で 見分けられる

検査をする人 と検査を受ける人は 1mの距離で座る

斜位の人は パソコンなどした時は 1時間15分ルール以上に
休む

たとえば30分パソコンをやったら15分休むぐらいの
気持ちでよい。


********************************************************


posted by Erika at 20:56| 東京 ☁| 名医のいる病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たけしのみんなの家庭の医学 胸やけ 兵庫医科大学 上部消化管科 教授 三輪洋人先生 

たけしのみんなの家庭の医学 セカンドオピニオンSP

胸やけ 日本人の 42.2%が胸やけに苦しんだ経験がある。

しかもその中には恐ろしい病気が 潜んでいることがある。

胸やけの名医は 兵庫医科大学上部消化管科教授 三輪洋人先生

三輪洋人先生の診察時間は 下図参照

miwa.jpg

これまでに1万人以上の患者を救った名医


症例
胸やけで悩んで居て 近くの消化器外科で 内視鏡の検査を2度受け
逆流性食道炎と診断され 薬を服用 ところが

のどのつかえは さらに悪化
何を食べても 一口目が つかえるようになる。

そのうち 就寝中激しい胸の痛みに襲われ

お医者様の紹介で
三輪先生のセカンドオピニオンを。


○三輪先生の問診

酸っぱい感じはどんな酸っぱさなのか?

常に酸っぱい逆流なのか?


酸っぱくない逆流がある。
水ですらつっかえる。
食事中みぞおちの上部が痛む


そして 胃のレントゲンを撮ることに。

内視鏡ではわからない病気がある!!


結果は 食道アカラシア

食道と言うのは 本来 食べ物を蠕動運動で推し進め
噴門が開いて 胃に送りこむ
食道アカラシアは 何らかの原因で 下部食道括約筋が緊張し
噴門が閉じたままになる病気


この患者さんは 噴門が緩む逆流性食道炎ではなく 逆に噴門が閉じる
食道アカラシアだった。 やっかいなことに この2つの病気は
症状が似ている。


三輪先生が 注目したポイントは 酸っぱくない逆流があるということ。
これは 逆流が 胃からではなく食道からおこっている という証拠

さらに食道アカラシアでは 噴門が閉じてしまうため 水ですら
飲み込めなくなってしまうことが。

では なぜ 内視鏡検査では発見できなかったのか?
内視鏡検査をするときは 5時間前から空腹にする
だから 食道に食べ物が詰まっていることが 確認できなかった。

食事をしていない時は 食道は 閉じている。
食道の蠕動運動で 食べ物を下に動かす。
食べ物が降りてきたら 接合部が開いて 胃に
送りこむ。

重力は 関係ない。 逆立ちでも飲みこめる。

この蠕動運動に異常が起き 詰まってしまうのが
食道アカラシア





逆流性食道炎と診断されても 症状が改善しない場合は
是非 セカンドオピニオンを!


********************************************************************

原因不明のおなかの張りは?

胃の異常か 腸の異常か?

4つの質問
おなかの張りが強い時 排便するとよくなるか?(よくなることがある)
おなかの張りが強い時 排便の回数に変化はあるか?(出ないことが多い)
おなかの張りが強い時 便の固さに 変化はあるか?(コロコロうんち)
食事で 張りが変化するか?(食後に悪化 食事を抜くと楽になる)


新原因 SIBOによる過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は 主にストレスが原因で腸が過敏になり
下痢や便秘などの症状が出る病

上の4つの質問のうち
おなかの張りが強い時 排便するとよくなるか?(よくなることがある)
おなかの張りが強い時 排便の回数に変化はあるか?(出ないことが多い)
おなかの張りが強い時 便の固さに 変化はあるか?(コロコロうんち)
は 過敏性腸症候群の診断基準

この3つに 2つ以上当てはまって 3カ月以上症状が続く場合は
過敏性腸症候群の疑いが。

SIBOとは 小腸内の細菌の過剰増殖の略

対処法は
消化酵素剤による治療が有効。
パンや麺類などの小麦製品を控える。

posted by Erika at 19:41| 東京 ☀| 名医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。