2012年05月09日

時間治療とダイエット

時計遺伝子ダイエット
時計遺伝子ダイエット ポイントは
1:三食を摂る
   朝:昼:夜=2:3:3

2:食事の時間は一定に。

3:夕食は夜9時(できれば8時)まで。 どうしても遅く鳴る場合は分食する。



≪実験≫

朝食7:30 昼食:12:00 夕食18:30 に食事をした場合は、全員痩せた

だが 夕食の時間を22:00に変更しただけで、全員太った!


ここでみんなからブーイング。夜食は太るっていうのは常識。 だからとりたて珍しい情報ではないと。


◎日本大学薬学部 榛葉繁紀教授の研究によると
食べてすぐに寝ることも太る理由のひとつだが、もともと体は夜太りやすい仕組みがある。

BLAL1という時計遺伝子は、食事として摂ったエネルギーを脂肪として貯める働きをコントロールしている。
BMAL1の働きが弱い時、細胞は細長い形をしている。がBMAL1の働きが強いと
細胞は大きく膨らんだ。 つまり細胞が脂肪をため込んだ。

それでは、いつBMAL1の働きが強くなるのか?

体内のBMAL1の量は、午後3時が最小値でそれ以降は上がり続ける
午後3時に向かって減り、午後11時はなんとその4倍に!
*********************************************************

NHK福岡 道谷アナが実験
ダイエットとリバウンドの繰り返し 今はメタボ体型 肥満

女子栄養大学 香川靖雄副医学長の指導で時計遺伝子ダイエットに挑戦!




食べる量を減らさずに食べる時間に気をつけよ


◎朝食をとる

  内臓の時計遺伝子が刺激される。
  朝食を摂ると体温が急上昇し、消費エネルギーが増える

◎夕食はは早めに
◎分食を利用せよ。


≪結果≫ 道谷アナは一か月で2キロダイエット、腹囲1.3センチ減りました。
ビールも飲んでの結果だったので、まあまあ成功と言えるでしょう。

しかし分食しているとは言え、やはり夜は我慢しての結果でした。

■時間遺伝子を研究されているお医者様
山口大学 時間学研究所 明石 真教授


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
時計遺伝子を医療に利用した 時間治療が注目を浴びている

■ 佐世保中央病院の取り組み(長崎県)
  8年前に関節リウマチを発症した70歳の女性。指の変形や、痛みに悩まされていた。
  薬はずっと飲んでいたが、薬の効果は表れなかった。 だが昨年から受けた時間治療で
  症状は大きく改善した。

佐世保中央病院の院長、植木幸孝先生も、時間治療の効果に驚く。
薬の量や種類は変えず、ただ飲む時間を変えただけ。


注意:だからと言って、ドクターの指示なしに、勝手に飲む時間を変えるのは辞めましょう。

この治療法を開発した富山大学薬学部教授 藤 秀人先生は
時計遺伝子が持つ性質をリウマチの治療に生かせないかと考えた。

リウマチの原因物質も、時計遺伝子が刻むリズムに従って 細胞から出されていると
考えられる。そこで藤教授は、リウマチの原因物質が一日のうちいつ出されているか調べると
朝から夕方に向かって減り、深夜にピークを迎えていることがわかった。

そこで薬の投与時間を変えることで、副作用の軽減や、効果を上げることが期待できる。

◎時間治療で命を救われた人の例 33歳の男性。
3年前、強い腰の痛みで病院に行くと、肝臓がんでがんが大きすぎて手術できない状態だった。
抗ガン剤でガンを小さくしようとしたが効果なし。それでは抗ガン剤を増やせば?
と思うが 抗がん剤はもろ刃の剣。 がん細胞もやっつけるが正常な細胞も傷つけてしまう。
抗ガン剤を投与しても結果が付いてこず、体調だけがどんどん悪くなって行った。

だが転院した、横浜市大付属病院で時間治療を受け、抗ガン剤を深夜に投与する治療を受けると
二か月でがんが小さくなり、手術を受けることが出来た。

男性は、時間治療を受けていなかったら死んでいたかもしれないと話す。

【がんの時間治療】
番組で紹介した、横浜市立大学附属病院で行われている抗がん剤の時間治療は、対象が限定されています。受けられるのは「大腸がんが肝臓に転移し、現在の治療では手術が難しい」ケースのみです。その他のがんの場合、時間治療を受けることは出来ません。もし上記の条件にあてはまり、治療を希望される場合は病院にお問い合わせください。なお全身状態や、転移の程度などによっては治療を受けられないケースもあります。
posted by Erika at 10:44| 東京 🌁| 最新医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。