2012年03月13日

たけしのみんなの家庭の医学 胸やけ 兵庫医科大学 上部消化管科 教授 三輪洋人先生 

たけしのみんなの家庭の医学 セカンドオピニオンSP

胸やけ 日本人の 42.2%が胸やけに苦しんだ経験がある。

しかもその中には恐ろしい病気が 潜んでいることがある。

胸やけの名医は 兵庫医科大学上部消化管科教授 三輪洋人先生

三輪洋人先生の診察時間は 下図参照

miwa.jpg

これまでに1万人以上の患者を救った名医


症例
胸やけで悩んで居て 近くの消化器外科で 内視鏡の検査を2度受け
逆流性食道炎と診断され 薬を服用 ところが

のどのつかえは さらに悪化
何を食べても 一口目が つかえるようになる。

そのうち 就寝中激しい胸の痛みに襲われ

お医者様の紹介で
三輪先生のセカンドオピニオンを。


○三輪先生の問診

酸っぱい感じはどんな酸っぱさなのか?

常に酸っぱい逆流なのか?


酸っぱくない逆流がある。
水ですらつっかえる。
食事中みぞおちの上部が痛む


そして 胃のレントゲンを撮ることに。

内視鏡ではわからない病気がある!!


結果は 食道アカラシア

食道と言うのは 本来 食べ物を蠕動運動で推し進め
噴門が開いて 胃に送りこむ
食道アカラシアは 何らかの原因で 下部食道括約筋が緊張し
噴門が閉じたままになる病気


この患者さんは 噴門が緩む逆流性食道炎ではなく 逆に噴門が閉じる
食道アカラシアだった。 やっかいなことに この2つの病気は
症状が似ている。


三輪先生が 注目したポイントは 酸っぱくない逆流があるということ。
これは 逆流が 胃からではなく食道からおこっている という証拠

さらに食道アカラシアでは 噴門が閉じてしまうため 水ですら
飲み込めなくなってしまうことが。

では なぜ 内視鏡検査では発見できなかったのか?
内視鏡検査をするときは 5時間前から空腹にする
だから 食道に食べ物が詰まっていることが 確認できなかった。

食事をしていない時は 食道は 閉じている。
食道の蠕動運動で 食べ物を下に動かす。
食べ物が降りてきたら 接合部が開いて 胃に
送りこむ。

重力は 関係ない。 逆立ちでも飲みこめる。

この蠕動運動に異常が起き 詰まってしまうのが
食道アカラシア





逆流性食道炎と診断されても 症状が改善しない場合は
是非 セカンドオピニオンを!


********************************************************************

原因不明のおなかの張りは?

胃の異常か 腸の異常か?

4つの質問
おなかの張りが強い時 排便するとよくなるか?(よくなることがある)
おなかの張りが強い時 排便の回数に変化はあるか?(出ないことが多い)
おなかの張りが強い時 便の固さに 変化はあるか?(コロコロうんち)
食事で 張りが変化するか?(食後に悪化 食事を抜くと楽になる)


新原因 SIBOによる過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は 主にストレスが原因で腸が過敏になり
下痢や便秘などの症状が出る病

上の4つの質問のうち
おなかの張りが強い時 排便するとよくなるか?(よくなることがある)
おなかの張りが強い時 排便の回数に変化はあるか?(出ないことが多い)
おなかの張りが強い時 便の固さに 変化はあるか?(コロコロうんち)
は 過敏性腸症候群の診断基準

この3つに 2つ以上当てはまって 3カ月以上症状が続く場合は
過敏性腸症候群の疑いが。

SIBOとは 小腸内の細菌の過剰増殖の略

対処法は
消化酵素剤による治療が有効。
パンや麺類などの小麦製品を控える。

posted by Erika at 19:41| 東京 ☀| 名医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

歯の噛み合わせ  村津和正先生



世界一受けたい授業 とても重大な健康情報をやっていました。



それは   歯のかみあわせ



歯の噛み合わせが悪いと いろいろな病気を引き起こす恐れが
ある と いうことです。



これは 以前から 指摘されていましたが



本日の先生は 噛みあわせのエキスパート
村津和正先生



噛み合わせをよくする5か条
片側だけで噛まない
バックなどを片側にかけない
頬杖をつかない
テレビを斜めに見ない
靴の底が磨り減ったら 早めに取り替える



日本人は 65歳を過ぎると 約7割の人が歯がごっそり
抜けてしまう。


これは 歯周病 


歯周病は 動脈硬化、肺炎、脳梗塞を 起こす可能性も。



歯を失うと 脳の機能が低下する。



歯周病予防にはやっぱり 正しい歯磨き
一回10分 歯ブラシを小さく動かして 汚れを
落とすのが ポイント



歯はウソをつかない―立証・歯臓説

三五館

このアイテムの詳細を見る



成功も健康も思いのまま

ビジネス社

このアイテムの詳細を見る





★★ 歯周病予防 ★★






designed by ジェニファー



posted by Erika at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

伊藤剛先生 北里研究所病院

番組に出演されていたのは 北里の伊藤剛先生です。
この先生は 素晴らしいですね。
しばらくは 予約が取れないと思います。

しかし 体調不良には 変えられないですよね。
待ちますよね、何ヶ月でも。


多分、もう明日には電話が殺到するでしょうから
最低でも3ヶ月は 待つことになるでしょう。



伊藤剛先生がいらっしゃる病院は
北里研究所東洋医学研究所病院

予約制ですので 必ず電話予約をしてください。

蔵北里研究所で書かれた本です。
癒食同源

角川書店

このアイテムの詳細を見る



もう一軒、大きな病院は
新宿にある 東京女子医大東洋医学研究所


こちらも電話予約されたほうがいいと 思います。


私が行ったことがあるのは、 東京女子医大と漢一診療所



北里には行っていないのでなんとも言えませんが

東京女子医大のお薬はツムラの漢方薬。


一方 漢一診療所は 一つ一つ手作りです。
しかも お薬を処方して、2日くらいで 様子を見、
症状が改善するようだったら、同じお薬をもう少し
続け、 合わないと、また 違うお薬を
調合してもらえます。


一人一人、 一つ一つ 手作りのお薬なので
お薬頂くのに 大変時間がかかります。


存人的には、台湾人の女性の先生
漢一診療所の 余先生がお勧めです。

こちらも 電話してからいらしたほうがいいと
思います。
















★お血(おけつ)とは
「血が滞っている状態のこと」



お血になると・・・
血液が粘り、ドロドロ血となり、全身の血の流れが低下
体の様々な場所に充分な血液と酸素が行き渡らなくなる。




★なぜ漢方で不定愁訴が改善されるのか?




大学病院など いくつも回って、改善しなかった症状がなぜ
漢方薬で改善するのか?

それは、西洋医学では、診察・検査で
異常が見られないと 

「病気ではない」と診断される。

それ以上、うるさく言うと
「心療内科」に 回され、

鬱病と診断。


大量の抗うつ剤、 抗不安薬を投与されることになる。



しかし、漢方では、たとえ原因がわからなくても
患者が症状を訴えれば、それを


「未病」(病気になる 一歩手前)


と診断し、漢方薬を処方してくれる



★漢方薬の目的は体質改善! 


だからこそ、その不調の原因を見極め
200種類以上ある中から 患者に最適な漢方薬を選び処方する。


たとえば 番組で紹介していた女性の場合は
加味逍遥散を飲んで 体調よくなりました。


加味逍遥散(かみしょうようさん)は


頭痛、頭重、めまい、のぼせ、動悸、倦怠感などがあって食欲減退し便秘の傾向がある婦人の諸症:月経不順、不眠症、ヒステリー、更年期障害、胃下垂、便秘症、更年期神経症 という人に用いますが


どちらかというと あまり体力のない人に用います。
(虚証から中間証にもちいる)


同じような女性の薬では
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
なども 体力のない 虚証の人に用います。



詳しくは
e−漢方さんの
ページで。 たいへん丁寧に解説されております。




一元 加味逍遥散(かみしょうようさん)1000錠



posted by Erika at 02:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

ためしてガッテン  ひざ痛に驚くべきsん情報

6/7放送の ためしてガッテンで紹介されました。


今まで ひざ痛は安静が大事と言われていましたが。

順天堂大学 整形外科学 教授
黒澤 尚(ひさし)先生の研究により





劇症期以外のひざ痛なら、 簡単な体操を
続けていくうちに、痛みがなくなることが
わかりました。



ひざの 痛みの原因は 軟骨の磨り減り。


これは、 加齢によるもの、或いは、
過度な運動によって、痛めたものだから
もう治らないと あきらめていた人も
多いと思います。


ところが、 黒澤先生の研究で、
ひざの運動をするだけで、 今まで、
階段を下りるのも 両手の力を使って
やっていた方が、 外で元気に
お散歩ができるまでになりました。



軟骨というのは 何でできているか?
それは、軟骨細胞という細胞なんです。



そして、その細胞を元気にするためには
酸素が必要不可欠。



運動をしない、安静にしているということは
酸素を取り込めない、
すなわち、軟骨細胞が死滅してしまう。
(この状態、顕微鏡で見ましたが
とても 怖かったです。 
酸素不足だと、 あっという間に
軟骨細胞減ってしまいます。



そこで、 運動です。

まずは、 最も簡単な運動から。

仰向けに横になり、 片方のひざを立てる。
立てる角度は、90度より、もっと自分の
お尻に近づける角度。
そして、立てていないほうのひざを、
床から10センチ程度、5秒間上にあげる。

この際、ひざが痛くて伸びない人は
曲がったままで かまわない。
(無理はいけない)

これを 5秒間 20回。(朝、夕)


これが、楽にできるようになったら
次は ひざを伸ばして、座る。

そして、ひざの上のふとももに
ボールを置き、それをはさんで力を
入れる。 これも5秒間 20回。



そして、これも楽にできるようになったら、
最後は、椅子つかまり立ち歩き。


椅子の背に 両手をついて、
片足ずつ、足を上げて、歩く。
ゆっくりで かまわない。(100回程度)
posted by Erika at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名医 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。