2010年06月02日

たけしのみんなの家庭の医学 低コレステロール 夢のスイーツ

奥園流 低コレステロールスイーツ レシピ

1: お麩のアーモンドクッキー
2: 豆乳レアチーズケーキ
3: 里芋きな粉 おはぎ

おはぎは もともとあんまり好きじゃないのですが
レアチーズケーキは 毎日2個は食べている状態ですので
これは!! 私のためのレシピ

■ アーモンドクッキーの作り方
1: 塩味のついたアーモンドをビニールに入れて砕く。
(いつもの奥園流です。袋に入れてすりこぎで叩いて
砕きます)
2: フライパンでお麩を空炒りにする
(クッキー生地にするため。お麩は小さめがよい)
3: お麩においしい焼き色がついたら
バター(大1)を入れ、香ばしく、キツネ色になるくらい炒めて
取りだす。
(要はあとからバターをからませる感じです)
5: フライパンに水(大1)、砂糖(大3)でカラメルを作る。
(強火でやらないでね、ゆっくりフライパンを回すように)
6: 5に4を戻し、からめる。
7: 最後にアーモンドをまぶしてできあがり
recipi_0601.jpg

■ レアチーズケーキの作り方
【材料】クリームチーズ100g、豆乳400ml、レモン汁大さじ3、
キウイ一個

1: 電子レンジで クリームチーズを40秒温めて軟らかくする。
2: 1のクリームチーズを泡だて器で混ぜ、水で溶かした粉ゼラチンを入れる。
3: 豆乳を少しずつ加えて混ぜ、レモン汁を入れる
4: 型に3を入れる。(カップなどを利用してOK)
5: 冷蔵庫で1、2時間くらい冷やすと固まって出来上がり

●レアチーズケーキにかけるキウイフルーツソースの作り方 】
1: キウイフルーツの皮をむき、おろし金ですりおろす。
(ミキサーにかけなくて簡単に♪)
2:1に砂糖(大さじ2)を入れ混ぜ合わせて、キウイソースの出来上がり。

冷蔵庫で冷やしかためたレアチーズに キウイソースをかけて
出来上がりです。
レアチーズのほうには 甘みが入ってなくて
でもキウイソースの甘みで十分においしいらしい(ゲスト評)
これは 作ってみなければ。

recipi_0601.jpg

  

◆悪玉コレステロール値が正常でも安心できない?!
<実際の症例>
N・Kさん(48歳・男性)は大手ホテルのレストラン部門で、ホテルで出す全メニューの企画開発を任されており、週に何度かは、試食会で料理やスイーツを食べていました。帰宅は夜の10時過ぎ。夕食後に、晩酌をしながら大好物のかりんとうをつまむのが、N・Kさんにとって至福の時でした。家でも、仕事でも大好きな甘いものを食べ続ける、そんな生活が10年も続き、ついには、メタボ体型を妻に指摘されるほどに。しかし、悪玉コレステロールは正常値をキープしていたことで、特に問題視していませんでした。それから3年経ったある夜、突然、首筋に強く引っ張られるような痛みを感じ、目を覚ましたN・Kさん。翌日、病院へと向かい検査を受けた結果、その原因が明らかになりました。


<症状>
(1)奥歯のあたりから首にかけて強く引っ張られるような違和感

<病名>心筋梗塞
心臓の周りを覆う冠状動脈が、動脈硬化により詰まった状態に。
緊急手術により、幸い一命を取りとめることができました。

◆動脈硬化とは!!
血管の内側に汚れがこびりつくことで盛り上がり詰まりやすくなる状態のこと。
動脈硬化になる主な要因は、血液中に増えすぎた悪玉コレステロール。細胞やホルモンの材料になるうえで身体にとっては必要不可欠な悪玉も、間違った生活習慣を続けることで増加。
増えすぎた悪玉は、傷ついた血管壁の隙間に入り込み、白血球によって退治されます。その残骸が血管壁を盛り上げることで血管を狭め、動脈硬化を引き起こします。

◆悪玉コレステロールは正常なのに なぜ?
これまでに大きな病気もなく、健康には自信があったN・Kさん。心筋梗塞を引き起こす原因のひとつ、悪玉コレステロールも危険値を大きく下回っていました。しかし、実はこの悪玉コレステロールの中にこそ、恐るべき新型コレステロール「超悪玉コレステロール」が隠れていたのです。

◆超悪玉って何?
小型の悪玉コレステロールのこと。誰の血中にも存在する。
高血圧や年齢と共に少しずつ傷付いていく血管。傷が大きくなれば、悪玉も超悪玉も血管壁の内側へと入り込んでいきます。しかし、悪玉では入り込めないようなわずかな傷でも、超悪玉は入り込み、動脈硬化を進行させてしまうのです。この超悪玉が多い人は、少ない人のおよそ3倍も心筋梗塞になる確率が高いという報告もあります。


◆超悪玉コレステロールが急増するわけ
最大の原因は食生活。
N・Kさんの場合、甘いものを食べる回数の多さが問題でした。たくさんの糖分を取っていたN・Kさんの体内では、血液中にブドウ糖が増加。余ったブドウ糖が肝臓に運ばれ、どんどん中性脂肪に作り変えられていったのです。肝臓で作られた中性脂肪とコレステロールは、全身に運ばれる時に、同じ器の中に入って流れていきます。通常であれば、器の中は、中性脂肪4に対して、コレステロールが1の割合。その後、中性脂肪はエネルギーとして消費され、残されたコレステロールが悪玉となります。しかし、中性脂肪が増えてしまうと、コレステロールに残されたスペースが少なくなります。ここで起こるのがコレステロールの小型化。この小さくなったコレステロールこそが、超悪玉なのです。中性脂肪だけでなく、高血糖や高血圧などに該当する人は超悪玉コレステロールの量が多く、危険性が高いと考えられています。




【通販限定商品!】ためしてガッテン 4本セット



紅麹+DHA+EPAでサラサラ成分たっぷり!黒酢・紅麹含有食品 サラバコレ






posted by Erika at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。